お知らせ

◎個人の方へ「失業・減収で家賃が支払えない」⇒住居確保給付金

住居確保給付金キャプチャ.JPG新型コロナの収束が見通せない中、家賃を払えないなど、多くの相談が寄せられています。

特に中野区は賃貸住宅にお住まいの方が多く、家賃は決して安くありません。

公明党が推進してきた「住居確保給付金」制度があります。

これまでは、離職や廃業により仕事を失ってからでなければ申請できませんでしたが、4月20日から対象が拡大され、仕事を失う前でも収入が激減して離職や廃業と同程度の状況になれば、申請が可能になりました。

今回の対象拡大は、厚生労働省の省令改正によって行われるため、恒久的な措置となります。

申請が認められれば、家賃相当額が直接、家主に支払われます。(支給期間は原則3カ月で、最長9カ月まで延長可)

家主に限らず、不動産業者や家賃債務保証業者にとってもメリットのある制度です。

給付金の申請・支給を迅速に行うために、相談体制の強化を推進してまいります。

中野区の申請窓口は、「中野くらしサポート」です。つながらない場合は、生活援護課自立支援係へ。

中野区ホームページ ↓ 参照のうえ、まずはお電話してみてください。

https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/405000/d006803.html