お知らせ

中野区長へ緊急要望しました

本日、公明党中野総支部および中野区公明党議員団は、酒井区長に対して緊急要望を行いました。

変異株であるデルタ株の蔓延で、病床は逼迫し、在宅で療養せざるを得ないコロナ患者が増大しています。

私も日々、陽性者やそのご家族・友人等から相談を受けていますが、入院調整どころか、保健所から連絡すら来ない(機能していない)との現状を鑑み、中野区として医師会の協力を得て、酸素投与や抗体カクテル療法を行える「コロナ治療ステーション(および入院待機ステーション・在宅療養者管制センター)」の開設を早急に行うことを要望しました。

国や東京都がやるのを待つのではなく、区民の命を守るのは基礎自治体です。

最前線で奔走してくださっている医療従事者の方たちのご努力も報われるよう、医師の方々のお声・知見をいただき、調査をした上での具体的な提案をさせていただきました。

コロナの感染拡大防止と、皆さまの不安払しょくのために今後とも頑張ってまいります。

73569.jpg73564.jpg
20210825緊急要望(議員団).JPG2021.0825緊急要望(議員団 裏) .JPG