取り組みました!

産後ケア事業のなかで「多胎児」と「早産」の支援を拡充しました!

★多胎児母子の場合(双子など)

宿泊型のショートステイ・デイケア・・・上限5日→7日へ拡充

家庭派遣支援・・・上限15時間→23時間へ拡充

 

★早産母子の場合(未熟児で退院が遅かった場合など)

早産等により出生後に入院治療を要した場合・・・支援期間を産後月数に加算する

 

双子(多胎児)の場合でも一人分の支援しか受けられなかったこと、また、早産(未熟児)で出産した場合、子どもが数か月入院する場合もあり、退院後すでに産後ケアを受けられる期間が短くなってしまうことも指摘し、何度も求め、以下の拡充を実現しました。

 

(平成29.6.2一般質問、平成30.2.28予算総括質疑にて甲田ゆり子が推進)

特別委員会写真.jpg